七五三 祈祷

子供の成長を祝う神様が鎮まる春日さん

七五三のお祝いは何歳から?

令和二年版

七五三受付期間

  • 受付期間:7月中旬 ~ 12月末まで
    (その他の時期でもご祈祷可能ですが、撤下品(おさがり)が変更される場合があります)
  • 受付時間:9時 ~ 17時まで

赤ちゃんが生まれたら初宮詣をするように、男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳になりましたら「春日さん」にお参りし、健やかな成長と幸せをお祈りする人生のお祝い事のひとつです。江戸時代より3歳の男女が髪を伸ばす髪置(かみおき)、5歳の男児が初めて袴をはく袴着(はかまぎ)、7歳の女児が初めて大人の帯をしめる帯解(おびとき)の儀式が行われてまいりました。

現代では、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が、両親はじめ家族そろって神社にお参りし、今までの成長を神様に感謝し、また、これからの無事を祈ります。

  • 祈祷料5,000円
  • 千歳飴・お守り・破魔矢・クレヨン・お菓子詰合せ・シャボン玉などが付いてきます
  • 付添いのお子様にもプレゼントがあります。(数に限りがあります。)

桑名宗社 七五三桑名宗社 七五三

桑名宗社 七五三桑名宗社 七五三

Q&A ?七五三の疑問解決?

Q1 神社はいつお参りできるの?予約制?
A:8月中旬~12月まで 毎日、午前9時から午後5時まで御祈祷を受け付けております。その他の期間もお受けすることが可能ですが、撤下品(おさがり)の内容が変更される場合があります。
神社祭典によりお待たせする場合がありますので、事前にご連絡頂ければ当日はスムーズにご案内できます。

Q2 今年の七五三祝いをするのは何年生まれの子?数え年でするの?
A:数え年とは、年齢に関係なく、生まれた年を1歳、翌年を2歳として数えます。
1月お正月を迎えて、新たに歳神様を戴くことによってはじまり、従って日本人全てが正月を迎えて歳を加えることになるのです。その為、諸祈願など神詣は、数え年で行うのが本義といえますが、近年では満年齢をもってする方も増えております。神社としてはご両親のご判断にお任せせております。

Q3 千歳飴ってどういう意味?
A:『千歳飴』はまっすぐ長く伸びることから千歳までも健康で長生きるようにとの願いが込められた縁起物です。

Q4 家族が多いのですが、一緒に御祈祷を受けられますか?
A:御殿は広いですので、御家族皆様が一緒に御祈祷を受けられ、参列して頂けます。

Q5神社で写真のみ撮りたいのですが可能でしょうか?
A:申し訳ありません。写真のみのご依頼はご遠慮いただいております。都合により写真のみ撮影を希望する方は、後日ご祈祷を行うとお約束いただける方に限り、特別に許可をいたします。その旨を神社へ伝え、撮影依頼申請をおこなってください。

Q6カメラマンの持ち込みは可能でしょうか?

A:神社と提携している「アリキオフォトワークス」「スタジオ ハナレ」「マスオカメラ」でしたら問題ありません。
その他のプロカメラマンや友人をカメラマンを使用する場合は「撮影料3000円」または「撮影した写真データ5枚以上」のどちらかを提供いただける方に限り、撮影許可いたします。
なお、ご祈祷を受けたれた方へは、お持ちのカメラやスマートホンで神社職員が撮影します。遠慮なくお声がけください。